12年9月20日・ONE NIGHT ACOUSTIC RECORDING SESSION/斉藤和義

c0129671_1831661.jpg
c0129671_1834478.jpg
c0129671_1833776.jpg
c0129671_184388.jpg
c0129671_1835522.jpg
     斉藤和義の新しいアルバムが届いた

     NHKのスタジオで一夜限りのレコーディング・セッションを行ったようだ

     しっかりマイクを立てて、生音もひろってライブを録音したようだ

     ストリングスやバンドメンバーが同じ空間に並んで演奏している

     打ち込みが全盛の時代に、非常にアナログっぽい仕事である

     そこに斉藤和義のこだわりを感じるし、心意気も感じる

     14曲中新曲は1曲だが、十分に楽しめるアルバムである

     写真を見るとGIBSONばかりでなくMARTINも使っているね~

     斉藤和義の声が心なしか優しく感じるのはどうしてだろうか?!(笑い)

     本人も楽しんで演奏しているからだろうね~!!!
by tes_music_system | 2012-09-20 18:25 | 音楽 | Comments(4)
Commented by Pinebridge at 2012-09-21 23:20 x
タイトルや作り方が、斉藤和義は基本的にライヴの人っていってるように思います。

写真からマーチンはわかりませんでしたが、高田渡さんの息子さんがペダルスチールで参加しているんですね。

聞いてみたいCDです!
Commented by tes_music_system at 2012-09-22 07:48
Pinebridge殿、ありがとう。
多少パンチに欠けますが・・・アコースティックのアレンジもいまいち・・・?!(笑い)
斉藤和義のアルバムなら「I LOVE ME」が最高かな~!
Commented by cotidiano at 2012-09-22 09:31
私も好きです!
Commented by tes_music_system at 2012-09-22 19:36
Cotidiano殿、ありがとう。
圧倒的に女性ファンが多いようですね~!
<< 12年9月22日・茨城県芸術祭搬入 12年9月19日 >>