物語Ⅲ

物語Ⅲ_c0129671_2285597.jpg
男はもっそりと現れた
吐く息も生ぐさく獲物を探す眼は、血走っていた
物語Ⅲ_c0129671_21485465.jpg
男はどんなものにも一瞬で変身できた
ミラーで笑顔を確認して獲物が現れるのを、ゆっくりと待ち続けた
物語Ⅲ_c0129671_21573517.jpg
ちょうどいい親子連れに、よだれが垂れそうになった
またひとつ神隠しが騒がれるのだろうか
物語Ⅲ_c0129671_224447.jpg
笑い声がいつまでも響いていた
その声は耳鳴りのように神経を逆なでしていった
 
 
by tes_music_system | 2007-09-14 21:52
<< 日立市展搬入 物語Ⅱ >>