08年10月県展・島先生ギャラリートーク

水戸市にある近代美術館と隣接する県民文化センターに県展を見に行く
美術館の広いフロアーには彫刻が展示されている
芸術院会員の能島先生や日展審査員の平戸先生とか、茨城県には大先生が多い
彫刻審査員の小宅女史から、解説もしていただけて得した気分でした(笑い)
年賀状をやり取りしている白土女史の作品も優賞を頂いていて嬉しかった
授賞式でお会いするのが楽しみである
芸術の最高峰は絵画だと思っている
精神世界や時代を表現している作品の前で色んなものを感じ勉強になった
08年10月県展・島先生ギャラリートーク_c0129671_2137424.jpg
写真の会場ではギャラリートークが始まっていた
審査員の島先生が入賞作品の講評をしてくれるのである
県展に参加していつも思うことだが、よく入選できたと感謝している
素晴らしい作品が多く、その中で、よく入賞できたと自分を褒めてやりたい気分である
先生方の作品に比べたら、まだまだ修行が足りないとも感じるKashinであった
08年10月県展・島先生ギャラリートーク_c0129671_21484477.jpg
自分の作品の前で記念写真を撮ってもらった
来年の戦いまでは、しばしの間、ほっとしニヤニヤする事をお許しください?!(笑い)
by tes_music_system | 2008-10-05 21:57 | 県展
<< 08年10月6日 08年10月4日 >>